TechShop

新着情報

【Deliéa】TechShop Tokyoから生まれたプロダクトVol.1

2019.3.30

 

TechShop Tokyoから生まれたプロダクトのご紹介!

昨年、マクアケにてクラウドファンディングを行われていたテックショップ会員のSamuel COLLINさんの【Deliéa】がこの度、製品化となりました。

食にまつわる興味深いプロダクトということで、テクショップでもご支援させて頂いておりましたが、本日、商品が到着!

 

こちらが、窒素ガスのカートリッジを入れるインジェクター。試作の段階では、AFINIAの3Dプリンターでこつこつと試作されていました。はめ込みの部分や、ガスを注入する際の注入口のスライド構造など、とてもシンプルかつ合理的に出来ています。

注入の際のボタン(↑画像の緑部分)は、注入口が収納されている状態では押せない状態になっており、上にスライドさせて初めて押すことが出来る仕組みになっています。

こちらは、窒素ガスボンベ(正式には窒素+二酸化炭素ガス)

Deliéaには、「野菜・果物用」と「肉・魚用」と2種類のタイプがあり、こちらは「野菜・果物用」のタイプ。

識別用のラベルのデザインが素敵です。

ラベルステッカーなども大判インクジェットプリンターを使用して印刷されていました。

こちらは食品を入れるバッグになります。同じく野菜・果物用と肉・魚用があります。

 

最後に、しっかりとした作りのカタログが同封されています。

商品の紹介だけではなく、なぜこのプロダクトが生まれたのかについてのストーリーやスケッチ、また使い方の説明などが丁寧に書かれているカタログとなっています。

試作段階から製品化する過程を見ていると、試作段階では製品そのものの構造や仕組みなどがテーマとなりますが、製品化を視野にいれたとたん、パッケージや取扱い説明の資料などをどのように作っていくかという部分も重要なテーマとなり、よりその製品の細部まで作り込んでいく大変さがあるなと感じています。

それだけに、この様な形で製品化されて世の名に出ていく過程を見れるのは、とても感慨深く思います。

Samuel COLLINさん、おめでとうございます!

 

こちらの製品については、以下より。

■4月中旬を目途にWEBストアオープン予定。https://www.deliea-injector.com/

■マクアケでのクラウドファンディングページ。https://www.makuake.com/project/deliea/

※クラウドファンディンは終了しています。