TechShop

新着情報

1Kg展

2019.1.22

現在、開催中の(1月25日まで開催)の「1Kg展」に行って来ました!

こちらの展覧会では、7社のカーインテリアデザイナー、カラーデザイナーが「1㎏」をテーマに3Dプリンターを用いて作品を作り、GOOD DESIGN MARUNOUCHとDIGITAL ARTISANの2会場に分けて展示されています。

「㎏」というのは、クルマの素材によく使われる単位とのこと。

会場ごとに展示の構成が分けられおり、丸の内にあるGOOD DESIGN MARUNOUCHIでは完成された作品がキャプションと共に展示されていました。こちらの会場では窓ガラスごしに展示の風景を見る事が出来ます。

 

【GOOD DESIGN MARUNOUCHI】会場

GOOD DESIGN MARUNOUCH:https://www.g-mark.org/gdm/index.html

Transform Steeringという作品。グリップ部分は「ラティス構造」、変形構造体部分を粉体印刷、色付きの部分はカラー印刷と、3社の3Dプリンターの特性を集約した作品。3Dプリンターならではの複雑な 形状ですね。

風速1㎏という作品。デジタル上で風速1㎏を当てることで出来るなびきと風圧分布をシュミレーションし、その中から3つの瞬間を切り取り3Dプリントしたもの。3Dカラープリントによる色彩がとても綺麗な作品。

ライフバランスという作品。「家族」を使ったバランスゲームになっています。

3Dプリントならではの表現…と思いきや、よく見ると、異なる素材や色で一体に印刷されています。

こちらの作品は、国土地理院のデータをもとに3Dプリントで立体地図をシボ柄印刷したもの。

「シボラマ」という作品。

クルマのインテリアには多くの樹脂部品が使われており、樹脂の質感を高める為にシボの表面処理を行うそうです。

職業ならではの3Dプリントへの着眼点がとても面白いですね!

そして、これらの作品たちはどういう工程を経て作品となったのか…については、池尻大橋にあるDIGITAL ARTISANにて見る事が出来ます。

DIGITAL ARTISANは3D技術を用いて様々な取り組みを行っている企業ですが、今回の会場はその会社内の一角で行われています。丸の内の会場とは異なった雰囲気で多種多様な3Dプリンターが置かれていたりと、Labo感満載の展示会場となっています。

 

【DIGITAL ARTISAN】

DIGITAL ARTISAN:https://www.digitalartisan.co.jp/

入り口から見える風景。

作品が出来るまでの過程がパネル、試作段階の造形物とともに展示されています。

工程も併せて見せる展示は、モノを作る人にとってはとても興味深い展示ですよね。色々なヒントがちりばめられており、見ていてワクワクとします。

丸の内会場で見た作品の過程。

過程をみてから「なるほど!」となった作品もあります。

バランスゲームの作品は、こちらの過程を見てから、実際の家族をスキャニングしてデータ化していたことを知りました。

そのスキャニングにも使われた、360度あらゆる角度から一瞬で被写体を撮影することができる3Dスキャナー。

通常では1千万円以上する高価なスキャナーですが、こちらはRaspberry Piとカメラを用いられて作られている為、数百万単位での導入が可能とのこと。

Raspberry Piを使って3Dスキャナーを作ってしまうなんて、実にモノづくりゴコロをくすぐる話です。

Slab製の巨大3Dプリンター。こんなに大きいのは初めて見ました…。

Slab:http://slab.jp/

Carbon社の3Dプリンタ「M2 Printer」

独自の造形技術「CLIP(Continuous Liquid Interface Production)」を採用した光硬化樹脂型3Dプリンター。

最近では、アディダスが3Dプリントシューズ「Futurecraft 4D」で採用したことが話題となりました。

「きれい・はやい・強い」という量産に耐えうる仕様ながら、思ったよりもコンパクトな印象の機器でした。デザインがスマートです。

Carbon社:https://www.carbon3d.com/

 

3Dプリンターは、まだまだこれから可能性を秘めた機械であると考えていますが、様々な技術の進歩によって、使い手側の使い方も洗練されてきている様に感じます。

それに並行しながら、この様なデジタルファブリケーションと呼ばれる機器をテーマとした展覧会が増えていくと、モノづくりの世界はもっと楽しくなるなと思いました。

展覧会は、1月25日(金)が最終(最終日は17時終了)となっています。お時間があればぜひ遊びに行ってみてください。

展覧会詳細はこちら:https://www.japandesign.ne.jp/event/jaid-1kg/