ノマドワーカー視点でのテックショップ

こんにちは!テックショップの宗像です。

テックショップに入社して4ヵ月余り、実はその前は働く場所を固定していない、いわゆるノマドワーカーでした。

今はテックショップとフリーの仕事を両立中なので、勤務時間外でもテックショップにお邪魔して作業させて貰っています。そんなこんなで、ノマドワーカー視点ではテックショップってどんな環境?ということを紹介してみようと思います。

利用スペースについて

まず広いです。広々。天井高い。開放的。

テックショップにはいろんな機械や用途別の工作部屋が並んでいますが、僕の作業はPCメインなので定位置は隅っこのこんなスペース。

このスペースは工作エリアに比べてわりと空いていて、落ち着いた雰囲気です。

大きな窓からは広場を見下ろすことができて日当たり良好で気持ちいい。もちろん電源とWi-Fiは完備しています。

あくまで工作用の施設ということで、いろんな工作音や話し声が聞こえてきますが気になる程ではありません。僕はほどよい雑音があるほうが作業環境としては好みなので、むしろ好都合かも。

利用設備や周辺環境について

集中力が切れたら、ソファエリアで休憩も。傍らには様々な技術本が置いてあります。

ウォーターサーバーやポップコーンも利用し放題。他にはコピー機なども完備しております。

有料ロッカーは幅45×奥行42×高57 (cm)の広々サイズ。
ちなみにテックショップに年会員で契約された方には、こちらのロッカーを一つ無料で貸し出しという特典がついてきます。

周辺環境はわりと緑も多く、気晴らしに散歩もおススメです。 六本木一丁目という立地もあり周辺のランチの価格設定は少々お高め。。。

テックショップを利用してて起こること

テックショップには日々様々なクリエイターがやってきます。その方々とお話していると思わぬ出会いに繋がることも。

例えば自分はイラスト関連の仕事・作業をしていることが多いのですが、興味を持ってくれた方と話しが盛り上がり一緒に何かしよう!ということになったり、今まで自分が知らなかったモノづくりに触れられることもしばしば。他のコワーキングスペースにない価値はこのようなところにあるのかもしれません。

以上、ノマドワークするならという視点でテックショップを紹介してきましたが、もちろん様々な工作機械に触れられるのも大きな魅力。 普段はPC作業中心という方も新しい興味・発見に繋がるかも。

今まで自宅やオフィス、カフェなどで作業されていたという方も、是非一度遊びにいらっしゃてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

techshop

TechShop Tokyo スタッフ