知っておきたいUVプリンターの基礎知識

皆さんこんにちは!

テックショップのBigBoyこと、フジモリです。

今日はUVプリンタの知っておきたい基礎知識を紹介したいと思います。

はいはい。あれね、あれ。UVってのはUltraviolet=紫外線を使ってプリントしてます。

ってやつでしょ?違う?

違う違う!そんな事ではなくって、、

UVプリンターで何か作ろうと思ったはいいけど、、

果たして何時間で何個出来るんだろう?なんて思った方も多いのでは無いでしょうか。

そこで今回はその真相に迫るべく、簡単な実験をしてみました。

題して『フルフルMAX、はい!何分?』です!!

テーブル一杯一杯に印刷して、それぞれのモードは果たしてどれくらいの時間がかかるのか

それを検証してみたいと思います。

因みにテックショップに置いてあるUVプリンター LEF-200の印刷範囲は

幅:508 奥行き:330 (mm) 

がMAXです。


よくよく見ると、このサイズってテーブルの溝と同じサイズですね。

なので印刷するものを置くときは、このの範囲内に置いておけば印刷できると言う事ですね。

ふむふむ。

では508×330のサイズで枠を印刷した場合どれだけ時間がかるかというと、VersaWorksではこんな感じになりました。設定は全て一般CMYKの場合です。

nor

高品質 11分

標準 8分

高速 5分

という事で、”感想としては思ったよりも早い”でした。

この結果から、CMYKで印刷する場合、高品質でも1時間に4〜5巡ぐらいまではできるということがわかります。実際には途中クリーニングが入ったりする場合があるので、多少の誤差はありますが各印刷時間自体は、VersaWorksの予想とあまり相違がないことがわかりました。

更にWhite→CMYKではどうなるかと言うと

nor

高品質 55分

標準  15分

高速  10分

あれ?高速、標準は2倍の時間がかかる程度になっていますが、高品質は5倍の55分です。

?????

CMYKの高品質は11分ですから、ホワイトを追加するだけで44分も加算されるわけですね。

では全面ホワイトだけの場合はどれだけかかるかと言うと、、、

高品質で26分ですね。。。

つまり、高品質の場合は、まとめてWhite→CMYKを印刷するよりか、

Whiteだけ、CMYKだけで印刷する方が早く終わると言う謎仕様。

ハンバーガーで例えるとマックで食べるときはセットが絶対にお得ですが、

高級レストランで食べるハンバーガーは単品ずつで頼んだ方がお得ですよってことなので、、

やっぱり意味わからんですね。。。

と言うか、多くの場合、下塗りで白を引く場合は高速や標準で十分な場合が多く、

ベタ塗りの白に解像感は必要ないので、、

結論として、先にマックでポテトとドリンクをつまんでから、ホテルで特選和牛ハンバーガーを

食べた方がお得な上に、満足感は大して変わりませんと言う、ことですね。。。

因みに金額は最初の1時間300円

以降1時間500円ですので

800円あれば10周以上いけちゃいまっせ。(インク代のみ)

と、言うことで印刷の際の時間や金額の参考にしてみて下さいね◎

以上、現場よりお伝えしました。

この記事を書いた人

techshop

TechShop Tokyo スタッフ